千秋の子供服

千秋の子供服 リボンキャスケット

2004年12月、
デザイナー藤本千秋として
リボンキャスケット:Ribbon Casketという
子供服ブランドを立ち上げました。

リボンキャスケット:Ribbon Casketは
タレントの千秋さんデザインの子供服ブランドです。
リボンキャスケットはベビー用品のコンビミニ:combi miniより発売されています。
千秋さんのイメージぴったりの
カワイイ子供服がいっぱいラインナップされています。
子供服のリボンキャスケットは
価格も低く設定されていますし、通販もできます。

千秋さんデザインの子供服ブランド
リボンキャスケットではカワイイ子供服が種類豊富に揃っています。
・プリンセスのお城のデザインのキャミソールやブラウスのシリーズ
・ノスタルジックギンガムはチェック柄がカワイイワンピースやキャミ
・ラブ・ファミリーは男の子も着られるTシャツもあり
・パパやママとお揃いで着られるペアアイテムも充実
・バッグやポーチの小物&雑貨もカワイイ柄が揃っています
・帽子やシューズもデザイン豊富
・オーガニックコットンのアイテムは赤ちゃんにも優しい
リボンキャスケットの子供服は
熊やお城、てんとう虫、水玉、ギンガムチェックなど
カワイイ柄とデザインです。
リボンキャスケットの子供服は
通販もできて、価格もお手ごろ。

子供服(こどもふく)とは、子ども用に考案・製造された衣料品のこと。
ここでいう子どもとは、衣料表記上16歳未満、身長160センチ以下(実質上は小学生以下)の者のことを指す。
中世以前の服装は、身分により区別されており、大人とは異なる子供服が開発されたのは身分制度が解体した17世紀以降のことである。
半ズボンに代表されるように、かつての子供服は子どもらしさや可愛らしさを引き出すことをコンセプトに考案された。
1990年代後半からは子どもらしさが嫌われて、実年齢よりも年上に見せるような若者服のデザインをそのまま使用する傾向があり、チェーンや髑髏といった物を付けた物まで現れている。
また、女の子用の服に至ってはデザイン面で中高生用の物と遜色が無い物も多く、現在では子供服というカテゴリー自体も揺らぎ始めている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コンビ株式会社は、衛生用品を始め、アパレル用品、ベビートイなどベビー用品を中心に生産、販売する企業。子会社でフィットネス商品、健康器具なども販売している。海外進出に積極的。
なお、コンビという社名は、「母と子というコンビを応援する」という意味で1968年に名付けられた。
主な商品は
ベビー用品(チャイルドシート・ベビーカー・おまる・哺乳瓶・乳首・食器など)・コンビウィズ(ショッピングカート・トイレ用設備・保育施設など)・コンビウェルネス(フィットネス用品・健康器具・歩行補助車、入浴補助椅子など介護用品)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

BabyCandy【ベビーキャンディ】
タレント千秋さんの本。
千秋さんと娘さんのいろはちゃんの育児フォト&エッセイ本です。
千秋親子の大好きな雑貨&服がいっぱい掲載されています。
見ているだけでハッピーになれる写真の数々。
写真を見ているだけで母と娘が仲良く、幸せな感じが伝わってきます。
千秋さんと遠藤さんに愛されているいろはちゃんはとても幸せ。
そんな幸せがこのエッセイ&写真からあふれてきます。
カワイイ子供服や小物、おもちゃに千秋さんのセンスが光っています。
この本のカバーの最後にいろはちゃんの手の写真が4枚掲載されています。3カ月から間を開けつつ9カ月まで。
おもちゃと一緒に写っているいろはちゃんの手の写真を見るだけで愛情を感じることができる、千秋さんの育児エッセイです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。